8月6日より三重大学医学部附属病院に本学教員による「おくすり相談外来」が開設されます。

8月6日(月)より、三重大学医学部附属病院に「おくすり相談外来」が開設され、本学薬学部の教員が相談を担当します。
おくすり相談外来は、自分の処方されている薬のことや健康食品との組み合わせなどについて、かかりつけ薬剤師以外の薬剤師の意見を聞き、薬物治療に対する理解を深めることを目的としています。(三重大学医学部附属病院以外の医療機関で薬物治療を受けている患者さんが対象)

詳細は本学薬学部(こちらから)または三重大学医学部附属病院のホームページ(患者さんへ>外来診療について>おくすり相談外来)でご覧いただけます。

*この事業は、社会貢献を目的として、三重大学との連携のもと本学教員(薬学部)により行われます。