安全祈願祭を行いました

平成26年に開設する看護学部の専用棟となる白子キャンパス4号館の全面改修工事(平成25年12月完了予定)を前に、5月17日(金)に安全祈願祭を行いました。

式典には、髙木純一理事長、鎮西康雄大学院長、大西和子看護学部長(就任予定)をはじめとする教職員および工事関係者など約20名が参列し、彌都加伎(みづがき)神社の宮司により神事が厳かに執り行われ、工事中の安全を祈願しました。

看護学部の専用棟となる4号館は、地下1階・地上3階建て、延べ面積約6,900平方メートルの建物で、高度な看護実践能力の育成のため機能的でゆとりある学習・研究施設にリニューアルします。

工事期間中、白子キャンパスを利用する学生や教職員、近隣住民の方々にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

看護学部専用棟の完成予定図(PDF)