鈴鹿ロボケアセンター株式会社の開所式が行われました

平成25年9月3日(火)「鈴鹿ロボケアセンター株式会社」(サイバーダイン株式会社100%出資子会社)が本学白子キャンパスに開設されることとなり、開所式が行われました。

これは、平成24年度より三重県が中心となって推進している「みえライフイノベーション総合特区」事業の一環で、研究開発支援拠点(MieLIP鈴鹿)に指定されている本学の構内に、新しく「鈴鹿ロボケアセンター株式会社」を開設し、営業を開始することとなったものです。当センターでは、理学療法士や看護師など専門知識を備えたスタッフが、サイバーダイン社製のロボットスーツHALを用いて、利用者の方に合わせたオーダーメイドのリハビリテーションを提供します。

開所式では、山海嘉之教授(サイバーダイン株式会社代表取締役社長・筑波大学サイバニクス研究センター長)による開会の挨拶に次いで、来賓の末松則子鈴鹿市長様にご挨拶をいただきました。また、本学の髙木純一理事長も出席し、お祝いの言葉を述べました。

【お問い合わせ先】
CYBERDYNE株式会社(サイバーダイン株式会社)
ホームページ : http://www.cyberdyne.jp/

 

山海教授 末松鈴鹿市長 髙木理事長