看護学科長 挨拶

学科長 メッセージ

看護学科長 杉本陽子 教授
看護学科長 杉本陽子 教授

人と関わることに関心をもち、看護を学ぶことに志をもつあなた!看護専門職者を目指して、大学で学びたいと考えているあなた!
そんなあなたのために、鈴鹿医療科学大学看護学部は、平成26年4月満開の桜に祝福されながら、看護師・保健師養成機関として発足いたしました。看護学部看護学科では、看護実践能力の育成をカリキュラムポリシーの第一に掲げています。看護実践能力とは、その人にあった対策が具体的に考えられ、それを安全に確実に個別的に実践することのできる力です。本学が保健・医療・福祉専門職者養成の総合大学であることを生かした「医療人底力教育」を土台にして、1年次の“看護とは”という学習を始まりとし、2年次~3年次での各専門領域の学習を積み上げた後、4年次になってもう一度学びの振り返りをし統合する科目を配置して、看護実践能力の育成強化を図っています。
専門職としての看護は、そもそもは親が子どもを愛情の目で観察し世話をすることからとされています。誰もが生まれてから何かしらの世話を受けて育ってきたことを考えると、看護する心は、人が生きていくことにおいて不可欠のものであるといえます。その意味において、看護学を学ぶということは、それだけで意義あることではありますが、国家資格を得て専門職として活動することは、社会への貢献とともに自分の人生を価値あるものにすることができると思います。次世代の人たちのこの夢の実現のために、私たち教職員が手助けできることは、私たちにとっても大きな喜びであります。
一歩一歩着実に学びを進めていきながら、ともに夢の実現に向けて歩んでいきましょう。