看護学部

学部長 挨拶

少子超高齢社会における地域の人々の健康を支える人材を育成します。

「看護する」とはどんなことでしょうか。「看護」という言葉を分解すると、「手(技術)」、「目(観察)」、「言(話す、コミュニケーション)」、「蒦(擁護)」となり、人類がこの世に誕生してから欠かせない大切な行為が看護です。人の誕生から死に至るまで、病気予防から病気回復、病気を持ちながら生活する人をみまもる(看護)ことです。
現在の医療をとりまく社会環境は大きく変化しています。少子超高齢社会の下、高度医療技術の進歩とともに、病院だけでなく在宅での医療が進んでいます。そこでは、チーム医療が不可欠になっています。鈴鹿医療科学大学は医師以外の医療や福祉に携わるすべての専門職者を養成しており、4年間の学生生活から他の職種を理解し、一緒に協働できるようにカリキュラムが組まれています。これは他大学にはない特徴です。看護職はチーム医療のキーパーソンとして、いつも患者に寄り添い、主体的な判断力と行動が求められます。そのためには、看護の専門性を学び、個々の能力を発揮することです。
三重県内には、三重大学医学部看護学科、県立看護大学、四日市看護医療大学の3つの看護系大学がありますが、今日の少子超高齢社会において医療をとりまく社会環境は大きく変化しており、現実に看護師不足が存在しています。こうした現状を鑑み、三重県の保健・医療・福祉政策における地域医療に貢献できる看護師を育てたいと考えています。
看護学部の教職員一同、みなさんをお待ちしています。一緒に勉強しましょう。