医療栄養学科 臨床検査学専攻

学科概要

高度な知識と技術を有し、誠実で人間性豊かな臨床検査技師を育成

臨床検査は、医師の診断、治療経過の判定など、医療に欠かせない重要な検査です。それを担うのが臨床検査技師ですが、患者さまの生命を預かるだけにその責任も重大です。患者さまの救命に必要な検査を正確に精度よく測定できる技術を習得させ、同時に、医学研究や多様化する医療に貢献できる基礎力や応用力を備え、医療人に求められる倫理観あふれる誠実で人間性豊かな臨床検査技師を育成します。

鈴鹿医療科学大学大学院 医療科学研究科 医療科学専攻 臨床検査学分野に「細胞検査士養成コース」を2020年4月に開設予定


鈴鹿医療科学大学大学院では、中部地区の大学院として初の「細胞検査士養成コース」の開設を2020年4月に予定しています。

本学は「めざす資格を確実に取得する」ことを目標に、学部では臨床検査技師国家資格、大学院では細胞検査士認定資格の取得に必要なカリキュラムを展開します。
大学院では、細胞検査士に必要な高度専門教育である細胞診断学特論並びに細胞診断学実習、さらには提携先病院での病理・細胞診臨床実習等を行います。
本学は、堅実な教育方針に基づいて、学生の夢を、一歩一歩、着実に実現できるよう丁寧に支援します。

詳しくはこちら