医療福祉学科長 挨拶

学科長からのメッセージ

医療福祉学科 学科長 貴島 日出見
医療福祉学科 学科長
貴島 日出見

医療福祉学科は、「医療福祉学専攻」「臨床心理学専攻」の2専攻で構成されています。
医療福祉学科では、支援や援助の必要な人を内面的にサポートすると同時に色々な制度や社会の仕組みを活用して支援するための専門知識や技術を学びます。そして「人間を大切にする」という価値観のもと、病気や障害、孤独や貧困などのために、戸惑いや不安を抱える人、人として最低限の生活を維持するのに困難がある人、人としての権利を侵害されている人などの相談に応じ、一緒に解決策を考える仕事をする人材を育成します。
少子高齢社会のわが国では「地域包括ケア」「チーム医療」の実現が急務です。医療・保健・福祉分野の様々な専門職と調整・仲介のできる技術を身につけ、拡大する福祉ニーズに対応できる専門職として、国家資格である社会福祉士・精神保健福祉士の取得を目指します。また、人々の内面的な「心のケア」について学び、カウセリング技術を修得し、医療・福祉・学校・企業等でカウンセラー等の専門職を目指します。
これまで多くの卒業生が県内外の医療機関や福祉施設、福祉事務所などの行政機関、医療や福祉分野の企業などで活躍し、ネットワークが広がっています。医療福祉学科の門を叩いた皆さん、大学生活は皆さんを未来と社会へ繋ぐ大切な時間です。教員、学生、一緒になって思い出に残る4年間を過ごしましょう。