学科の特色

医療福祉学科 臨床心理学専攻の特長

医療、看護、福祉、教育、産業などの現場で本当に役に立つ心のケアの専門家が求められています。本専攻の特長は次の4点です。
1. 理論と実践のバランスのとれたカリキュラムで臨床心理学を学ぶことができる
2. 少人数制で学生の個性と適性を活かした教育を受けることができる
3. 心のケアのための感性を身につけることができる
4. 医療と福祉に強いカウンセリング能力と資格を修得することができる
心のケアには、共感や思いやりのある人間性がなにより大切です。本専攻では臨床心理学を学びながら、学生と教員がともに学び、人間的な成長を重視し、あたたかい教育の場であることを願っています。

カウンセラーの仕事とは

カウンセラー(公認心理師や臨床心理士など)は、こころの専門家です。臨床心理学の知識とカウンセリング技術を用いて、相談者が問題を乗り越え、その人らしく生活をしていけるように手助けをします。さらに、健康な人がより自分の能力を発揮したり、こころの病気にならないように予防のスキルを身につけたり、人間的成長をサポートする援助も行います。医療領域では、患者の状態をよく知る為に心理検査をしたり、カウンセリングを行ったりします。カウンセラーの仕事は「医療」「教育」「福祉」「司法・矯正」「地域支援」「産業」など、さまざまな領域に渡っており、それぞれの特徴は下の図のようになります。