カリキュラム

カリキュラム

専門基礎分野
臨床心理 臨床心理学の基礎/心理学概論Ⅰ-Ⅱ/発達心理学/臨床心理学概論Ⅰ-Ⅱ/心理学基礎実験/地球環境と心/異文化間コミュニケーション/対人援助とコミュニケーション/認知・学習心理学/パーソナリティ心理学/生理心理学/感情心理学/健康心理学/福祉心理学/心理学英語Ⅰ-Ⅱ
医療福祉 社会理論と社会システムⅠ-Ⅱ/ソーシャルワーク法学/社会福祉概論Ⅰ-Ⅱ(社会福祉史)/人体の構造・機能と疾病/認知症の理解と援助/小児と医療/保健医療サービス/相談援助の基盤と専門職Ⅰ/精神疾患とその治療Ⅰ-Ⅱ/看護学/精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ-Ⅱ/精神保健の課題と支援Ⅰ-Ⅱ/精神保健福祉相談援助の基盤(専門)/低所得者に対する支援と生活保護制度/高齢者に対する支援と介護保険制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度Ⅰ-Ⅱ/児童・家庭福祉制度/家族援助論
専門分野
臨床心理 心理学研究法Ⅰ-Ⅱ/心理学統計法Ⅰ-Ⅱ/心理検査法/心理検査法実習/身体心理学/学校カウンセリング/子どもと家族の心理学/青年心理学/社会心理学Ⅰ-Ⅱ/グループカウンセリングⅠ-Ⅱ/コミュニティ心理学/非行と犯罪の心理学/カウンセリングⅠ-Ⅱ/心理療法Ⅰ-Ⅱ/ホリスティック心理学/フィールドワークⅠ-Ⅱ
精神保健福祉 現代社会と福祉Ⅰ-Ⅱ/地域福祉の理論と方法Ⅰ-Ⅱ/福祉行財政と福祉計画/社会保障Ⅰ-Ⅱ/権利擁護と成年後見制度/相談援助演習Ⅰ-Ⅱ/精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ-Ⅱ/精神障害者の生活支援システム/精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅲ-Ⅳ
総合 臨床心理演習Ⅰ-Ⅳ/卒業研究

シラバス

シラバスはこちら

カリキュラムマップ

カリキュラムマップはこちら

ピックアップ :注目の教員と授業をピックアップ

今井 皖一(いまい かんいち)

プロフィール:
同志社大学大学院文学研究科を修了後、兵庫県立精神衛生センターにて勤務後、大阪薫英短期大学専任講師などを経て平成9年より京都文教大学教授。
平成26年より同大学副学長及び京都文教学園理事を経て、平成28年4月より本学教授及びコース長に着任。
専門分野は臨床心理学、中でも深層ユング心理学やアートセラピー。自信を喪失し生きる方向性を見失いがちな人たちが、夢分析、アートセラピーにより、生命力を回復させる過程につきあうことを研究しています。

担当科目 :
臨床心理学概論/心理療法/臨床心理演習 他

趣味 :
ウクレレの弾き語り/オペラ観劇

メッセージ :
臨床心理コースは、講義や体験学習を通して人生をどのように生き、どのように自分を表現するのかを学ぶための場です。またとないこの機会を活かしてください。

臨床心理学(今井先生の授業のピックアップ)

私の講義では、ジブリアニメ、映画、テレビドラマ、音楽、児童文学を題材にし、その奥底にある普遍的な意味を明らかにし、支援を受ける方々の夢を比較しつつ、受講生がこれは自分のことなのだと理解できるようにしています。
この中でも、特に児童文学には大人になっても生きるための指針を与えてくれますので、忙しい学生生活の合間に読んでみてください。

渡部 千世子(わたべ ちよこ)

プロフィール:
名古屋大学経済学部卒業後、医療機関勤務、子育て、患者会(キドニークラブ:慢性腎疾患の子どもの会)設立を経て、中京大学心理学研究科に進学、博士(心理学)取得。臨床心理士。中京大学心理学部助教、中京学院大学短期大学部准教授を経て、鈴鹿医療科学大学医療福祉学科臨床心理コース准教授。「慢性疾患をもつ子どもと家族の関係発達」をテーマに、子どもと家族が共に成長しながら困難を乗り越えられるための支援について研究している。また、小児期から成人期への移行支援のアドバイザーとして医療者育成にも関わっている。著書(単著)『慢性腎疾患をもつ子どもと母親・家族の関係発達の諸相』(風間書房),(以下共著)『臨床心理学の実践』(金子書房),『スクールカウンセリング』(金剛出版),『発達障害を問い直す』(ミネルヴァ書房)他

キドニークラブホームページ http://kidney-club.org

担当科目:
発達心理学/青年心理学/子どもと家族の心理学/フィールドワーク 他

趣味:
ガーデニング/香り/田舎歩き/温泉

メッセージ:
私は、慢性疾患をもつ子どもの母親、研究者、臨床家、教育者の4つの側面をもっています。このような立場から、研究、教育、実践において、当事者の視点を最も重視しています。患者さんやクライエントが本当に求めていることは何なのだろうかについて、常に自問しながら支援できる心理職や医療者を育てたいと思っています。

子どもと家族の心理学(渡部先生の授業のピックアップ)

子どもは自分の病気をどのように捉えているのでしょうか。それは、成長するにつれてどう変化するのでしょうか。また、子どもの家族、特に親は、どのような気持ちでその子を育てているのでしょうか。この授業では、様々な難病を抱える子どもたちの具体的な事例(映像や手記など)をもとに、患者である子どもと家族の心理について学びます。そして、支援者には何が求められているのかについて、自ら考えたり仲間とディスカッションしたりすることを通して、現場での実践力をつけることを目指します。

 

福島 裕人(ふくしま ひろと)

プロフィール:
琉球大学保健学研究科修士課程を修了後、臨床心理士として医療現場にて臨床実践に携わる。あわせて公立中学校にてスクールカウンセラーも経験。その後大学教員となり、東海学院大学講師を経て現在、鈴鹿医療科学大学 医療福祉学科臨床心理コース助教。専門は臨床心理学、健康心理学。研究テーマは医療従事者のバーンアウト(燃え尽き症候群)予防、トラウマケア、笑いと健康についてなど。著書に『願いをかなえる!笑いヨガ』(青山ライフ出版 2013)がある。前任校では臨床心理士養成にも携わり、近年は産業分野における心理臨床実践も行っている。平成24年名古屋大学より心理学の博士号を授与される。

担当科目:
臨床心理学の基礎/心理検査法/カウンセリング/臨床心理学演習 他

趣味:
沖縄旅行や沖縄にまつわるものを集めること/野球観戦/音楽鑑賞

メッセージ:
これまでの病院や学校での臨床実践活動から得られた知見を、わかりやすく学生の皆さんに伝えたいと思っています。将来どのような分野に進んでも役立つ、こころのケアのできる実践家を養成したいと思います。

心理学検査法(福島先生の授業のピックアップ)

臨床心理学において心理アセスメント(査定)は最も重要な領域の一つです。本講義では医療分野などさまざまな領域で広く用いられている心理検査について演習を交えながら学びます。ただ単に検査方法を習得するだけでなく、検査結果をいかにして今後のカウンセリング・心理療法に活かしていくのかについて、実践的なノウハウも学びます。