名古屋サテライト

名古屋サテライトコースについて


医療情報実践学分野では、次の3つの方向で教育研究に取り組みます。第一に、保健医療福祉分野の情勢を読み、進むべき方向を見定める。第二に、保健医療福祉の質の向上、効率化の推進、臨床研究などへの応用を推進するために必要となるシステムとデータベースについての理解を深める。 第三に、データ処理並びに統計に関する基礎と応用、分析結果の可視化技術を学び、発展させる。教育はそれぞれの分野の第一線で働く講師陣が担います。様々なテーマを取り上げ、講師の指導の下で討論と発表を通じて複数の案の中から全体最適な解を選ぶ経験を積みます。これを通じて自身の能力の研鑽をすると同時に協働する中でその役割を理解し、組織を纏めていく力なども養います。研究は保健医療福祉分野で発生する様々な課題を取り上げ、適切な指導教員のもとで行います。

詳しくは、名古屋サテライト特設サイトはこちらからご覧ください。