医療科学研究科長 挨拶

医療科学研究科長 挨拶

医療科学研究科長 葛原茂樹
医療科学研究科長
葛原茂樹

「社会の期待に応える高度専門職医療人養成を目指しています」
近年の医学とそれを支える科学技術の進歩は著しく、医療はますます多様化・専門化してきています。世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本では、持続可能で健康的な社会を目指して、医療と福祉を統合した総合的対策が模索されています。このような社会を実現するためには、医療と福祉の幅広い分野に対応できる視野と能力を持ち、高度な医療技術を身に付けた医療人が求められています。本学はこのような社会的要請に応えるべく、日本で最初に設立された医療技術と福祉の総合大学です。
本学の大学院医療科学研究科は、医療科学専攻修士課程と博士後期課程を開設し、高度な専門知識と技能の教育を行い、医療科学の分野で、高度な知識と技術を備えた専門職医療人の養成を目指しています。受け入れ対象は、学部教育を終了して関連分野の資格を得て、更に勉学と研究を続けたい人々と、社会に出て専門職として経験を積んだ上で、更に高い知識と技術を学びたい人々です。
この専攻には、薬学と看護学を除く本学のすべての学部学科に対応した分野がおかれ、豊富な経験と実績を有する50名近い教授陣と、各分野にわたる幅広い授業科目と研究指導テーマから成る教育カリキュラムが用意されています。東京サテライトコース・名古屋サテライトコースは、医療現場・企業等で既に実践を積んだ実績のある社会人が受け入れ対象で、働きながら修了できるコースです。
学士の学位をもたない人にも、一定の実務経験があれば、受験が認められます。向学心あふれる皆さんの入学を歓迎します。